シミに効く化粧品・成分は?

MENU

化粧品選びで大切なことは

シミに効果のある化粧品は主に“美白化粧品”と呼ばれるものです。
美白を意識した成分が豊富に配合されているものを使用し、
シミを消していく目的に重きを置いたものを美白化粧品と呼びます。

 

ですが、シミの種類によっては美白化粧品ではどうにも
ならないものが存在するために、まずは自分のシミが
美白化粧水で薄くなったり消えたりといった効果が
得られる種類のシミであるかを知ることが先となります。

 

 

もしそれで美白化粧品で効果が得られることが分かれば、
今度は正しく失敗のない美白化粧水選びを行っていくことになります。

 

とはいえ、やはり最も大切なことは“長期にわたって使い続けること”です。
化粧品というのは私たちが思う以上に肌に浸透していき効果を発揮するまでに
時間がかかるものです。ですから、どんなに効果が高いといわれている化粧品でも
数回使った程度で効果が出ないからと諦めてしまうのは間違っているといえます。

 

数週間などではなく数カ月単位で使用しなければ効果は得られないものと考え、
長期に渡り使い続けること。これが何よりも大切なことになります。

 

また、口コミで効果が高いといわれている商品は非常に豊富にありますが、
口コミでの評価が良いからといって必ずしもそれが自分の肌にとっても良い
商品であるということにはなりません。

 

ですから、できれば“試すことができる”商品であったほうが良いでしょう。
試供品を提供している化粧品は多くありますからそういったものを使用してみることです。
自分に合っていないものを購入し使っても、効果が得られなければまた違う商品を一定の
長期間使わなければならなくなるわけで、そうなると本当に良いものに出会えて満足いく
効果が得られるまでにかなりの時間がかかってしまいます。

 

もちろん、試供品を使うだけでシミが消せるわけではありませんが、
肌が感じる良さは試供品を数回使った程度でも分かるものですから、
試供品を提供しているものを選んで利用してみるようにしましょう。

 

 

この成分が配合されている化粧品を選ぶ

シミに対応した化粧品は数多くありますが、シミ対策として有効な
成分というものも同様に多く存在しています。

 

中でも特にシミに有効な成分というものがありますので、
そういった成分が含まれている化粧品を積極的に選んで使うことをお勧めします。

 

さて、シミに効果の高い成分というと1番に挙げられるのが“ビタミンC誘導体”です。
ビタミンCというのはそのままでは肌から吸収することが非常に難しく、
そんな特徴を持つビタミンCを肌から吸収しやすく加工したものがビタミンC誘導体です。
抗酸化作用が高いために色素沈着や肌の老化への効果が高く、また炎症を抑える
働きもあるためにシミそのものへの効果だけでなく、シミの原因となる肌トラブルそのものへの
効果も期待できるためシミ対策の化粧品には欠かせない成分であるといえます。

 

 

次にカミツレという植物から抽出したカモミラETという成分です。
これはビタミンC誘導体と並んで皮膚科で処方されるシミ対策の薬に
含まれていることが多いのですが、シミの原因となるメラニンが体内で
作られることを阻止してくれる働きがあり、また抗炎症剤としての役割も
担っているために非常にシミへの効果が高いといわれています。

 

そして最後に挙げられるのがプラセンタです。

 

 

胎盤が原料となり作られるプラセンタはまさに人の体にとっての
万能薬と言える成分で、シミへの高い効果はもちろんのこと、
ストレスの軽減などといった体ではなく精神面への
効果もあり、しかも大きな副作用のないとてもよい成分です。

 

上記の3つが含まれている化粧品は総じてシミへの効果がとても高いといわれていますから、
シミに効果のある化粧品を探している方はこの3つの成分に着目して化粧品を選ぶように
することをお勧めします。

 

2014/07/19 23:51:19 |
シミに効果のある化粧品といっても、これからシミができないように予防するための化粧品を使うのか、それとも今現在肌に現れているシミを消したいのか、その目的によって選ぶ化粧水を変えなければなりません。今できているシミを消したいときに使う化粧品で、特に人気が高い商品の1つが“ビーグレン”のシミ対策化粧品です。口コミの中にはエステよりも断然良いという意見があったり、これまでのシミ対策化粧品がいかに効果がなかったのか分かったなどという、高評価が並んでいます。ハイドロキノンを使用し、独自の開発した4ステップでできてしまったシミを消すだけではなく、この先シミができづらい肌質をつくってくれる効果もあります。高濃...
2014/07/19 23:51:19 |
シミ対策の化粧品にはたくさんの種類があるのですが、それを季節によって使い分けることも大切です。肌のコンディションは1年中同じわけではありません。季節によって多かれ少なかれ肌の調子には変化があります。ですから、季節ごとによって化粧品を使い分けるのです。ここで重要なのは春・夏と秋・冬で注目するポイントについてです。春・夏は特に紫外線が強い時期となります。ですから、シミ対策の化粧品を使うにしても紫外線・・・つまりUVケアを重視して選ぶようにするのです。そして秋・冬になってくると紫外線は皆無ではありませんがそれ以上に乾燥が肌の問題となってきますから乾燥から肌を守るような化粧品の選び方をしなければなりま...
2014/07/19 23:51:19 |
シミに効果のある化粧品は非常に豊富にあります。ですが、例えシミに効果のある化粧品を使っていてもその使い方が間違っているようでは満足のいく効果を得ることができないばかりか、その化粧品のせっかくの効果をムダにしてしまうことになります。では、どんな使い方が間違っているものと言えるのでしょうか?例えば、日焼けの対策として日差しが強い日だけ日焼け止めを塗っている人はいませんか?これがそもそもの間違いです。紫外線は日差しと共に空から降りそそぐものではありません。天気が悪い日でも存在しています。むしろ、晴れている日よりも少し曇っている日の方が紫外線の量が多いといわれているくらいなのです。このように、自己流の...
2014/07/19 23:50:19 |
シミに効果のある化粧品を使用する際ですが、もちろん毎日その化粧品を使用してシミ対策を講じるのは大切として、それ以外にちょっとした工夫を毎日の生活に加えることで、化粧品の効果を高めることが可能となります。例えば、日焼けが原因でシミができてしまった場合には、化粧品を使用してシミを薄くしていく中で更に日焼けによるシミができることを防ぐためにUVケアに気を使わなくてはなりません。ここでお勧めなのがファンデーションを使うことです。特にパウダーファンデーションは肌にしっかりフィットしてカバーしてくれるので、紫外線が肌まで届く度合いを軽くしてくれる効果があります。塗りこめるというわけではないにしても、パウダ...
2014/07/19 23:50:19 |
シミには様々な種類があり、原因もそれぞれあるために中には化粧品で消すこともできないシミがあります。自分の肌に現れたシミは化粧品で消せるものか、それ以外の方法でないと消せないものかどうかを確認して化粧品を使うかどうか確認しなければなりません。化粧品で消すことができるシミは例えば肌の炎症(ニキビや傷など)が原因でできてしまったシミや肝斑です。とはいえ、炎症性のシミと肝斑では効果のある成分が違うので同じ化粧品で消せるわけではないので注意が必要です。また、そばかすや日焼けが原因のシミに関しても、上記の2つほどではありませんが、化粧品で消すことは可能といえます。ですが、同じ日焼けが原因のシミでも非常に強...
2014/07/19 23:50:19 |
シミに効果のある成分としてハイドロキノンは非常に優秀なものですが、とはいえどうしてもハイドロキノンが肌に合わない人というのはいるものです。そんな人が無理をしてハイドロキノンを使用したとしても、効果が得られる前に肌が荒れてシミを消すどころではなくなってしまいます。そんな人にお勧めしたいのが富士フィルムから発売されている“ルナメア”です。富士フィルムの化粧品は総じて高評価であり、中でも角質拭き取り化粧水であるルナメア・ブライトナーがシリーズに含まれるルナメアは古い角質を拭き取ることができ、化粧水の浸透しやすい肌を作ってくれ、更には肌の透明感もアップさせてくれます。また、ブライトナーを使用した後のロ...
2014/07/19 23:49:19 |
皮膚には今目に見える場所にシミがなくても、目に見えない皮膚の奥の方にシミの予備軍が眠っている状態であることをご存じでしょうか?その予備軍が段々と皮膚の表面に現れ、しっかりと目で確認できるシミになっていくのです。そんなシミ予備軍をシミになる前に消してしまう・・・つまりシミの予防につながる化粧品としてお勧めするのがアンプルールの“ラグジュアリーホワイトシリーズ”です。皮膚の専門医が開発した化粧品で、本来の酵素や光に弱いハイドロキノンを安定型ハイドロキノンとして酵素や光に強いものに進化させ、それを配合させた化粧品となっています。クレンジングミルクと洗顔料を始めとし、化粧水やクリーム、日焼け止めまでが...
2014/07/19 23:49:19 |
“シミ”というと皮膚の一部分の色素が変わっている状態を指すわけですが、シミは全て同じというわけではありません。その原因や性質、消す方法が細かく枝分かれしており、どんなシミでも必ず治せるという万能の方法はありません。例えば、同じような色・サイズのシミでも、それが日焼けが原因なのか肌荒れが原因なのかによって治すために必要な方法・成分が変わってくることがあります。美白化粧水で治せるものもあれば、皮膚科などでレーザー治療を受けない限りは消すことは到底無理なシミも存在するわけです。ですからシミに悩む人はまず自分のシミの種類を知ることです。若い頃に日焼け止めなどを一切使用せず焼きたいだけ焼いてきた人は体中...